気候変動への対応


◆基本的な考え方

持続可能な社会をつくるうえで気候変動は最も重要な社会課題の一つです。極東開発グループでは、パリ協定が求める「世界の平均気温上昇を産業革命以前に比べ2℃より十分低く保つとともに、1.5℃に抑える努力」に基づき、2050年カーボンニュートラルおよび2030年時点でのCO2削減目標(2013年度比マイナス38%)を設定し、温室効果ガス(GHG)削減や気候変動対策に取り組んでいます。具体的には、国際エネルギー機関(IEA)や国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などが公表している「1.5℃シナリオ」および「4℃シナリオ」を参考に、バリューチェーンおよび社会全体への影響を分析しながらステークホルダーと連携した活動を進めています。

◆CO2排出量削減 中長期目標

2024年度におけるCO2排出量:2020年比マイナス10%


2030年度におけるCO2排出量:2013年度比マイナス38%
※単位は原単位(排出量/売上高)

◆気候変動リスクへの対応

当社は気候変動への対応を経営上の重要課題と認識し、関連するリスク及び機会を評価・管理することで事業継続性を確保しています。
気候変動リスクは、国際エネルギー機関(IEA)によるシナリオ及びIPCC「第5次評価報告書」をもとに作成し、CSR室、関係部門ならびに事業継続に関する課題を取り扱う「BCP委員会」が評価したものを、トップマネジメントの承認により決定しています。

当社が取り組む気候変動リスク

お問い合わせ・サポートはこちら

TOP